天才軍師 後藤修と歩むスクエア打法

後藤修と歩むスクエア打法その110 アプローチ

time 2018/08/23

後藤修と歩むスクエア打法その110 アプローチ

ブログも100回を超えると結局このトレーニング(アプローチ)が増えてくる。これからブログの画像もほとんどがコレに解説を入れてゆく事になるだろう。

いいライからのアプローチは100万発でも200万発でも練習をする。

アプローチを“真ッ縦”にカチ上げる指の強さ。アプローチと言えども◯肩開きは絶対禁止、それは名付けて “全滅打法” 。

近頃は、「まずまずじゃ」のスイングをしているにも関わらず、ボールが変な飛び方をする時がある。昔の野人は、打ち方(スイング)が明らかに悪いのが原因と見て取れたんだが「クラブの故かも知れない」・・・と、言うスイングに近づいて来ている。

未だに 「大きなスイング は良いスイングなんだがなぁ」・・・をしているミケルソン、アプローチの打法が明らかに悪い。昔は “おもちゃ” の様に見えるウェッジを使っていたが、使用するクラブが原因かも?

アプローチの主体はピッチエンドラン、そうする事によって他のショットも打ち出される球に「行けよ!」の気持ちをかけることができる。

進行方向(インパクトからフォロー)に出張った木が邪魔になり、普通のフォローが取れない状況で、必要なパンチショット?。タイガー・ウッズと石川遼の決定的違い。「行けよ!」でシャフトを木に当てないフォローと、「行くな!」で止めるフォローでは、そのスイング内容は全く違う物になってくる。

度々石川遼を例題に出すのは、それだけ可能性のあるという事で、他の日本人プロとタイガーを比べることなどおまへん・・・全く居ないわけでもないけど(アッ、コレは後藤先生の眼で見ての話でっせ)。

【結局ベストのアプローチ打法とは “いいドライバー打法”、“いいパター打法”、“いいアイアン打法” という風に、全てが繋がってゆく】

アプローチといえども「アゴの高さ」に、十分気をつけるのは重要なチェックポイント。但し、フルショットでの顎の高さは◯センチ沈み、インパクトでは◯センチのジャッキアップ。

今のところ15発に1発程度の確率で打てる。“◯肩覗き”をさせずに◯へ打てれば、アプローチはもとより、“大きなスイング” でも世界戦で通用するようになる。いずれ、15発に1発のミス・・・となる様にしろ。

【スライスラインのアプローチを制する者は、世界を制すると言っても過言ではない高等技術じゃ。】

アイアンで“刃” を出す為に、スコップを使うときにも刃を意識して両手を使え。全ての動作はスイングに繋がる。

今はまだ良いスコアを出すには至ってない。が、悪い方のスコアを良くする為の、積上げ作戦は順調 ? 焦らない焦らない。